労災保険

会社がある程度の大きさになってくると、当然ながら人を雇う必要が出てきます。若しくは、最初から数人を雇っている場合もあるでしょう。人を雇うためには、責任を伴います。特に保険の面では、必ず加入をしなくてはなりません。何が必要になるのか、それぞれ確認していきましょう。

例えパートタイマーでも、従業員が一人でもいたら、労働保険に入らなくてはなりません。そもそも労働保険とは、広義の社会保険を分けた時に、労働保険、社会保険と二つに分かれます。更に労働保険の中で、労災保険、雇用保険と二つに分かれます。特に労災保険の方は、未加入のうちに事故が起きてしまうと、会社に重いペナルティがかかります。労災保険は、最初に必ず加入しましょう。

まずは最重視するべき労災保険について見ていきます。その名の通り、従業員が仕事中や通勤途中にケガや病気、被災をした場合に保険給付がされます。従業員のための制度で、正社員、パートタイマー、アルバイトなど、例え1日だけの契約であっても加入の資格があります。特別加入をしない限りは、事業主や役員は加入することができません。

加入は、従業員ごとでなく会社で入ります。通常は、事業所の住所を管轄している労働基準監督署に、「労働保険、保険関係成立届」、「労働保険概算保険料申告書」を提出することで加入ができます。

事業主の過失や認識不足で、労災保険未加入のうちに事故が起きてしまった場合でも、労働基準監督署に労災保険の給付請求をすることが可能です。ただし費用を徴収されたり、ペナルティを課される場合もあります。社会保険と比べるとかなり低額の保険です。保険料が高くなるという意見もありますが、最優先で、必ず加入しましょう。