資金を貯めよう

起業するための資金を貯めましょう。
これはローンの頭金を貯めるというような感覚とは違います。
銀行へ毎月一定金額を積立してほしいのです。

銀行は融資をする時、実績を重要視します。
貯蓄する力、コツコツ一定額を貯める力があると、銀行の心証はとても良くなります。
起業の先輩も、銀行との日頃の付き合い方をレクチャーしてくれることも多いかと思います。それほど重要なことで、そしてまた、起業を考えたらすぐにできることだからです。

起業を決めたら、銀行で通帳を作り積立の実績を作ること。
それから公共料金や税金、保険など、払うべきものを毎月払っていくこと。
つまり生活力。
ここを抑えてほしいのです。

多く資金があったからと事業が成功するわけではありません。
資金がなくても、やる気さえあれば大抵のことはできるはずです。

資金を貯めるのも、高いモチベーションがあれば、仕事を選ばず節約もできます。
多くの資金を持っていても、人や場所にお金ばかりかけて豪華に見せても、その資金を回収できるかどうかわかりません。
リスクが大きくなるばかりです。

パソコンひとつでできるフリーランスでも良いですし、ネットビジネスを考えてみましょう。

クラウドサービスで仕事を探すこともできます。
大きな成功が見えないかもしれませんが、そもそもすぐに成功する起業なんてないと思っておくほうが無難です。

国や自治体からの助成金を得る方法もあります。
融資とは違い返済の必要がありません。
アイディアや企画力で厳しい審査や条件をクリアしたり、綿密な事業計画の提出などが義務付けられていますが、これを期に自分自身の事業計画を見直すこともできるでしょう。

起業は自己満足ではお金になりません。
競争に打ち勝つことも必要です。